国内の生命保険会社と比べて何が違うのか?

プルデンシャル生命保険が取り扱う生命保険のラインナップには次のものがある。

●終身保険
●外貨建終身保険
●変額保険
●養老保険
●外貨建養老保険
●定期保険
●疾病・医療保険
●変額年金保険

概ね、一般的な保険商品を取りそろえて営業展開を行っているといえる。

それではプルデンシャル生命保険の国内生保との違いはどこにあるのか?

プルデンシャル生命保険が国内の生保と異なる特徴とは、その販売手法にある。

プルデンシャル生命保険では他の外資系生命保険会社にも多く見られるように、パッケージ化されたお仕着せの生命保険をセットとして売り込むのではなく、それぞれの顧客の事情やニーズをよく聴取し、顧客ごとに必要な保障額を算出し、それを十分顧客に説明した上でむだを省いた合理的な保険を個々の顧客にカスタム化した形で提供することを特徴としている。

個々の生命保険単価を比較するとプルデンシャル生命保険の単価が特段低価格な設定が成されているわけではないが、国内生保のセット化された保険のような不必要なオプションを極力削ることによって、リーズナブルで納得度の高い生命保険を手に入れることができる。

このように顧客ごとに保険をカスタマイズするためには、販売員のライフプランナーとしての力量・レベルが高くする必要があり、プルデンシャル生命保険はこの点に関して大きな自信を持っている。