会社の概要

プルデンシャル生命保険株式会社(ぶるでんしゃるせいめいほけん)は、米国ニュージャージー州ニューアークに本社を有し生命保険、投資、不動産事業などを手がける米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社である。
プルデンシャル生命保険2004年にあおば生命保険(旧日産生命保険)を吸収し、事業規模を拡大した。

現在、 プルデンシャル生命保険の本社がある東京都千代田区永田町のプルデンシャルタワーは、大火災で廃業に至ったホテルニュージャパンの跡地に立っている。元々このビルは、千代田生命保険が建設を行っていたものだが、同社が経営破綻したためプルデンシャル生命保険が買収し所有している。


<プルデンシャル生命保険の会社概要>

社名:プルデンシャル生命保険株式会社 (ぶるでんしゃるせいめいほけん)
本社所在地:東京都千代田区永田町2-13-10、プルデンシャルタワー
会社設立:1987年10月
事業内容 生命保険業及びそれに付随する業務
資本金:200億円
従業員数 3,816名(2005年度末)
総資産:1兆9,322億77百万円
保険料収入:3,248億円(2004年度)
保有契約件数:186万6,218件(2004年度末)
保有契約高:22兆1,775億円(2004年度末)
主要株主 米国プルデンシャル・ファイナンシャル



生命保険会社としての評価は?

外資系の生命保険会社は国内での営業実績が長くないことが多いので、何となく馴染みがなく、不安感があるものだ。
では、プルデンシャル生命保険の生命保険会社としての評価はどうなのか?

●格付け AA(S&P)
●ソルベンシーマージン比率 1006.2%(2005年度末)

生命保険会社の信頼性を評価する上でひとつの指標となるソルベンシーマージン比率が200%を大幅に上回っていることから、信頼性に不安はないといってよい。

格付けからしてもプルデンシャル生命保険は十分信頼性が高いといえる。

しかも、主要株主が米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルであることから、会社としての信頼性・評価は申し分ない。

「プルデンシャル生命保険」という社名がカタカナで何となくわかりにくく、代理店販売などをしていないので馴染みが薄いために生命保険会社としての信頼度を怪しく感じる向きも多いようであるが、生命保険会社としての内容、実績、経営方針などを知れば、十分信頼に足る、安心して保険契約を結ぶことができる生命保険会社であることがわかるはずである。

国内の生命保険会社と比べて何が違うのか?

プルデンシャル生命保険が取り扱う生命保険のラインナップには次のものがある。

●終身保険
●外貨建終身保険
●変額保険
●養老保険
●外貨建養老保険
●定期保険
●疾病・医療保険
●変額年金保険

概ね、一般的な保険商品を取りそろえて営業展開を行っているといえる。

それではプルデンシャル生命保険の国内生保との違いはどこにあるのか?

プルデンシャル生命保険が国内の生保と異なる特徴とは、その販売手法にある。

プルデンシャル生命保険では他の外資系生命保険会社にも多く見られるように、パッケージ化されたお仕着せの生命保険をセットとして売り込むのではなく、それぞれの顧客の事情やニーズをよく聴取し、顧客ごとに必要な保障額を算出し、それを十分顧客に説明した上でむだを省いた合理的な保険を個々の顧客にカスタム化した形で提供することを特徴としている。

個々の生命保険単価を比較するとプルデンシャル生命保険の単価が特段低価格な設定が成されているわけではないが、国内生保のセット化された保険のような不必要なオプションを極力削ることによって、リーズナブルで納得度の高い生命保険を手に入れることができる。

このように顧客ごとに保険をカスタマイズするためには、販売員のライフプランナーとしての力量・レベルが高くする必要があり、プルデンシャル生命保険はこの点に関して大きな自信を持っている。


プルデンシャル生命保険の評判、口コミ情報は?

プルデンシャル生命保険の口コミ情報をまとめてみた。
いろいろな評判があるようですが、プルデンシャル生命保険のよい点、悪い点の
代表的なところは以下の通り。



<プルデンシャル生命保険のよい点>

●生命保険の契約内容の説明が合理的で納得できる
●支払える生命保険の保険料をもとにニーズに合った保険を提案してくれる
●営業員のレベルが高くいろいろな生命保険の知識を教えてくれて勉強になる
●生命保険の内容について丁寧に十分な説明をしてくれ、専門的なことも分かりやすい
●生命保険の契約内容がシンプルでわかり易い。
●国内生保の販売員のおばちゃんのように情に訴えてくることがなく、理論的で納得がいくまで説明してもらえる。


<プルデンシャル生命保険の悪い点>

●営業員によって対応に差が大きい
●保険料があまり安く感じられない
●アフターケアがよくない場合がある。

プルデンシャル生命保険の求人・採用情報・転職情報

プルデンシャル生命保険では、採用に際して販売員を「ライフプランナー」として顧客の一生涯のパートナーとなることを目剤しているとのことだ。

プルデンシャル生命保険での採用に際しては、はじめにキャリア・インフォメーション・プログラム(以下、CIP)を受けることになる。

このCIPは、ライフプランナーとしての仕事に適性を有しているかどうかを自分自身で判断する内容になっており、合計6時間ほど受講することになるようだ。

その後何回かの面接を経て正式にプルデンシャル生命保険に採用となるが、面接に進むかどうかはCIP終了後に自分自身で判断することになる。

まずはプルデンシャル生命保険のライフプランナーとして仕事をすることが自分に向いているかどうかを判断するために、CIPへエントリーしてみてはどうか。

詳細については、プルデンシャル生命保険のホームページに採用に関する情報が載っているのでプルデンシャル生命保険の求人や転職情報を知りたい人は参照願いたい。